歯科

口の中の粘つき

施術

口の中がネバネバすると感じることが一時的ではなく、慢性化しているようなら放置してはいけません。口内の粘つきが出てくる原因はいろいろあるので、自分はどの原因に当てはまるのかを知っておきましょう。
いくつかの原因がありますが、朝、特に粘つきを感じる方は睡眠中に口呼吸をしていたことが関係することがあります。口を開けて寝ると、唾液が不足して乾燥します。そうなると口内の細菌の増殖を止めてくれる作用が働かず雑菌が増殖してしまうので、虫歯菌が口の中に残っている糖分を食べて繁殖し、粘つきが出る原因になります。
他には、起床時に限らず、日頃からずっと口の中が乾燥していると感じている方はドライマウスの疑いがあります。ドライマウスになると、口を開けて寝ている人と同じように唾液が少なく乾燥しているため細菌が大繁殖しやすくなります。しかし、ドライマウスの方は常に乾燥している状態になっているのでより注意が必要です。悪化すると、喋ることも苦しくなり、食事時にも影響が出てくるので心当たりのある方は歯医者ではなくて内科のある病院で診てもらいましょう。その他、歯周病が原因の時もあります。歯周病は歯医者に通う患者の中でも多くいますが、歯周病は進行すると骨まで溶かす病気で、進行するときに液体を出します。この液体には粘り気があり、それが口の中で粘付く原因となります。
このように様々な原因で口内の粘りが起こりますが、解決方法はやはり唾液を減少させないようにすることです。分泌量を増やすことを意識してよく噛んで食べるように心がけたり、口をよく動かしてマッサージをしたりすると乾燥を防ぐことができるでしょう。あとは常に口内を清潔にして歯石などを除去し、細菌の繁殖を防ぎましょう。

他人から見えない歯列矯正

女性の横顔

出っ歯で悩んでいるのであれば、歯列矯正を受けることで綺麗な歯並びを手に入れることができるでしょう。歯並びを矯正する治療方法の中には裏側矯正といった他人から見えない治療もあります。

詳細を確認する...

歯の磨き方と歯周病

医療設備

自分の歯の磨き方が正しいと思っている方は少ないでしょう。蕨市の歯科クリニックを利用する方の中には歯の磨き過ぎが原因で、歯周病を悪化してしまった方もいるので、正しい歯の磨き方を把握しましょう。

詳細を確認する...